5月, 2020年

「魚のクラッカー揚げ」

2020-05-15

パン粉の代わりに、砕いたクラッカーを衣に使用。
ふんわり柔らかいカレイの身と、香ばしい衣に、箸が止まりません!

 


今回のテーマ「絵本」

2020-05-15


 

 
赤ちゃんから「パパ」の言葉を引き出す絵本

赤ちゃんパンダが「パパパパ」と声を発するので、「パパ」と言ってくれるかも、とお父さんパンダはドキドキ。

 

でも、出てくる言葉は「パパ…パンケーキ」「パパ…パトカー」などで、なかなか「パパ」が聞けずにヤキモキします。そんなパンダ親子の言葉のやりとりがかわいくて、胸がキュンとする一冊です。

 

最後に「パパ大好き!」と言って親子でぎゅーっとハグをするシーンは、ほほ笑ましい気持ちになります。


2020年6月分の掲載

2020-05-15

 

「いいね!スタジオ」への投稿募集中!

こちらをクリックし、入力フォームよりお申込みください。

 


テーマ「医療」 -夜間・休日の医療-

2020-05-15

 

 

便利な県のサービス 電話番号・サイトの事前登録を

小さな子どもが、夜間や休日に体調を崩すと心配です。救急病院に行くべきなのか、翌日まで待っていいのかと悩む保護者もいることでしょう。

 

県では、病院の受け付け時間外にあたる夜間(19時〜翌8時)と、土・日曜、祝日に「子ども医療電話相談」事業を行っています。『♯8000(県内統一番号)』に電話をかけると、急病の対処方法や応急措置について、経験豊かな看護師が相談に応じてくれます。おおむね中学生までの子どもが対象。匿名可・無料です(※)。

 

もし、日曜・祝日に病院を受診する場合は、その日に開いている「休日当番医」を探しましょう。県内医療機関の検索ができる「くまもと医療ナビ」をスマートフォンのブックマークなどに登録すると安心です。

 

そのほか、県では子どものけがや急病についてまとめた「小児救急ガイドブック」を発行・公開しています。無料ダウンロードができるので、印刷して手元に置いておくといいですね。

 

※子どもの年齢や性別、居住市町村名の情報を伝える必要あり。また、通常の通話料がかかります。

 

 

 

県内医療機関の検索ができます

詳しくはこちらをクリック

 

 

症状ごとの対応が確認できます

詳しくはこちらをクリック(PDF)

 

 


お手伝い

2020-05-15

最近は次男・はるくんが、かすみの言葉の先生となり、いろんな言葉を教えている。その甲斐あって、一番上手な単語は「ハルゥ~」。自分でタブレットのアプリを開くなど、言葉だけでなく、行動もお兄ちゃんたちのまねっこをしている。

 

ある日、私が洗濯機を回そうとすると、かすみが付いてきて、洗濯機のスタートボタンをON。そして、洗い終わった洗濯物を、上手に伸ばして私に渡してくれるのだ。私に褒めまくられ、立派にお手伝いを遂行したかすみ。「みんなの動きをよく見ているな」と感心し、上の子たちにも話した。

 

しかし、その後の子どもたちときたら、「かすみちゃん、このゴミ捨ててきて。ありがとぉ~、おりこうさ~ん」「かすみちゃん、このコップ、台所まで持って行って。すご~い!ありがとう!」。いやいや、なんか違う! 君たちは、都合よく妹を使っていないかい?

 

 

原田佳英さん(42)
熊本市内で写真館を経営。長女・かなちゃん(16)、長男・よっくん(13)、次男・はるくん(11)、次女・かすみちゃん(2)と妻(43)の6人家族。


年間の収支のバランスチェック 〜継続しやすい貯金額とは?〜

2020-05-15

キャロット世代は教育資金をはじめ、住宅資金、老後資金と、これからの人生に必要なお金をどう貯(た)めていけばいいのでしょう。今回から、ファイナンシャルプランナーの須崎雅保さんがアドバイスしてくれますよ!

 

 

日頃から、生活のクオリティーアップのために「家計改善」に取り組んでいる人も多いことでしょう。幸福を手に入れる手段としてのお金ですが、人生には「大きなお金」が必要とされる場面が3回出現するといわれています(下図)。

 

キャロット世代の一番の関心事は「教育資金」でしょうか。さらに「住宅資金」「老後資金」と併せて、これらを「人生の三大資金」と呼びます。他にも、結婚、旅行、車の購入など、イベントごとに必要になります。

行き当たりばったりで、このすべての資金をクリアするのは困難です。具体的なライフプランを立て、できることから準備を始めましょう!

 

 

 

 

まずは収支の状況から、それぞれに合った貯蓄方法を考えます。ここで、「家計簿をつけていないし、何から始めたらいい?」という方も多いのでは?大丈夫です!通帳を見て、1年間の収入と支出のバランスを確認できます。

 

 

A-アB-アの人は、「資産運用」(NISAやiDeCo)でさらに資金を殖やすことをお勧めします。C-アの方は出費の原因を確認しましょう。原因不明の場合は家計簿をつけることも必要。それ以外の方は、まずは3カ月分の生活資産を貯めましょう。リスク性の金融資産ではなく流動性資産(すぐに現金化できる普通預金・定期預金)での蓄えが必要です。「なかなか貯まらない」という人に貯蓄のコツを、次項で紹介します。

 

 

 

 

貯蓄の方法はさまざまありますが、よく耳にするのが「毎月余った分だけ貯金する」方法。しかしこれでは思うように貯まりません! そこで、必勝の貯蓄法が、毎月決めた額を必ず貯金する方法(強制貯蓄法)です。

 

貯金額は、高過ぎる金額を設定すると続けられず、低過ぎる金額設定では、十分な額になるまで時間がかかり過ぎます。まずは月収の10%を目指しましょう。すると約2年半で3カ月分の生活資産が貯まります。

毎月の貯金額は途中で修正してもOK。無理のない金額を継続して貯めることで、貯蓄体質の家計となるのです。強制貯蓄の口座は生活資金口座と分けることをお勧めします。

 

 

 

新型コロナウイルスの世界的蔓(まん)延で、手元資金の重要性を感じたことでしょう。できれば、生活費の半年~1年分は確保しておくと安心です。とはいえ、いきなり貯蓄するのは難しく、日頃の積み重ねが大切。三日坊主も、100回やれば300日です ! また、1人で頑張るより、家族みんなで同じ目標を持つことで、レジャーや外食の出費を工夫し、楽しく取り組めるようになります。キャロット世代こそ、貯蓄額を増やせる時。子どもの成長とともに必要となる「教育資金」を早めに準備しましょう。

 


折り紙「てるてる坊主」

2020-05-15

おうち遊びにぴったりの折り紙。梅雨シーズンに合わせた作品を折ってみませんか。ここでは、「てるてる坊主」の作り方を紹介します。動画では「カエル」の作り方も紹介しているので、ぜひチェックしてください!

「てるてる坊主」の動画はコチラ!

「ぴょんぴょんカエル」の動画はコチラ!

 


Vol.7「たくとう地域食堂」

2020-05-15


 

登校前に、みんなで食べる朝ご飯
授業への集中力もアップ

 

小学校の敷地内で
朝食の提供を開始

朝7時半を過ぎ、小学校に隣接する「託麻東地域コミュニティセンター」に、小学生が次々と入っていきます。「おはよう! 今日はみそ汁も食べていきなっせ」と明るく迎えるのは、「たくとう地域食堂」代表の山川李好子さんです。

地元の婦人会長を務める山川さん。地域の会合で小中学校の校長から「朝食を食べてこない子どもが増えている」と聞き、2016年に婦人会メンバーと地域食堂を立ち上げ、朝食の提供を開始。地域食堂に関心のある大学生ボランティアも運営を手伝っています。

利用者は毎回40人ほど。教諭や保護者らも一緒に食事を楽しむこともあります。メニューは、ご飯やみそ汁、卵焼き、サラダ、果物など。野菜は完全無農薬、その他の食材もできる限り無添加・無農薬のものを使用。調味料以外は農家やフードバンクから提供されています。

 

 

食堂は「地域貢献の場」
後継者不足の課題も

育ち盛りの子どもたちを思い、栄養バランスの取れた朝食を提供してきた山川さんたち。学校から「食堂を利用した子どもが授業に集中するようになった」との声も。

また、食事の合間には、子どもたちに「早寝・早起き・朝ご飯」や、あいさつの大切さについて話すなど、“子どもを見守り、育てる場”にもなっています。地域の子どもたちとふれあうことがメンバーの活力になっているそうです。

今年3月、新型コロナウイルス感染予防のため食堂を休止したものの、「給食がなく困っている子どもたちを支援したい」と週に1回、100食分の手作り弁当をコミセンで配布。学校からのメールで知った子どもたちが訪れ、「必要とされていることを実感した」と山川さんは言います。

しかし、現在は60代以上のメンバーが運営の中心を担っており、後継者の確保が課題となっています。「地域食堂は、大人が地域貢献できる場。私も、活動を続けることで地域への恩返しをしたい」と山川さん。「行ってきます」と元気よく学校へ向かう子どもたちを、笑顔で見送っていました。

 


 

【たくとう地域食堂】

主催/託麻東小学校区婦人会
場所/熊本市東区戸島3-15-5(託麻東地域コミュニティセンター)
☎090(2399)5955
開催日時/第2・4木曜7:30~8:20
※春・夏休み期間中は第2・4木曜の11:30~14:00
利用条件/どなたでも
(大人200円※昼食は300円、子ども無料)予約不要

※記事は取材当時のものです。実施状況は主催団体に問い合わせてください。


2020年5月号「のぞみ保育園」

2020-05-15

「ロアッソ熊本がやってきた!」は、サッカーJリーグで活躍する熊本のチーム「ロアッソ熊本」と「くまにちキャロット」によるコラボ企画です。

 

元気いっぱいのきりん組。ワクワクの表情で楽しみました

 

 

コーチも驚く、気持ちが入ったプレー

コーン倒しゲームや、ボール遊びなどで体をほぐしました。普段から何事にも真剣に取り組むという子どもたち。試合になると熱が入り、スタートの合図をクラウチングスタイルで待ち、ボールに向かって一斉に走っていく様子が見られました。コーチの足の間を抜くシュートや、子ども同士で協力してのスーパーセーブなど、見どころのある試合展開にコーチも驚いていました。

 

 

 

【「キッズキャラバン」に関するお問い合わせ】

アスリートクラブ熊本: ☎096(283)1200

 

【「キッズキャラバン」HPはこちら】

http://roasso-k.com/home_town/kids_caravan.htm

※紙面に掲載する園は、キャロット編集室で選定させていただきます


5月の動画 ②折り紙で作る「ぴょんぴょんカエル」

2020-05-14

キャロットでは月に1回、親子で楽しめる動画を配信中!

 

5月は梅雨をテーマにした折り紙を2種類紹介。
こちらは、ぴょんっと跳ねるかわいい「カエル」の折り方です。

 

 

5月の動画 ①折り紙で作る「てるてる坊主」もこちらをクリックしてご覧ください。


« Older Entries