7月, 2021年

7月の動画・「表紙のイラストができるまで」

2021-07-26

キャロットでは月に1回、親子で楽しめる動画を配信中!

 

キャロットのマスコット「はあとちゃん」が表紙のイラストの制作過程を見学します!

 

 

ほかにもさまざまな動画をアップしていきますので、ぜひご覧ください!

キャロットのYouTubeチャンネルはコチラをクリック


親子でチャレンジ! 球技の基礎となるボール遊び

2021-07-21

 

 

 

 

親子でチャレンジ!
球技の基礎となるボール遊び

ロアッソ熊本で、未就学児や小学生にサッカーを指導するスクールコーチの北原亮さんは、「親子の触れ合いに、ぜひボール遊びを取り入れてほしい」とアドバイス。ボール遊びは、投げる、取る、つかむ…といった全身を使う動きで、球技に欠かせない「空間把握能力」も身に付きます。ボールに込める力加減を調整しながら、親子でチャレンジしてみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

幼児(未就学児)から小学生までを対象とした、ロアッソ熊本のサッカー教室。運動遊びから本格的なサッカー技術まで、段階的に指導します。県内各所で教室を開いているので、詳しくはウェブサイトをチェック! 無料体験もあります。

 

 

【「ロアッソ熊本サッカースクール事務局」に関するお問い合わせ】

ロアッソ熊本サッカースクール事務局: ☎096(283)1200

 

【「ロアッソ熊本サッカースクール」HPはこちら】

https://roasso-k.com/home_town/youth_school

 

【「キッズキャラバン」に関するお問い合わせ】

アスリートクラブ熊本: ☎096(283)1200

 

【「キッズキャラバン」HPはこちら】

http://roasso-k.com/index.php/sports_club/kids_caravan

※紙面に掲載する園は、キャロット編集室で選定させていただきます


2021年8月分の掲載

2021-07-21

 

 

 

 

「いいね!スタジオ」への投稿募集中!

こちらをクリックし、入力フォームよりお申込みください。

 


子どもに芸術体験の場を提供する「くまもとし子ども劇場」

2021-07-21

舞台や人形劇など鑑賞体験を通し、子どもの心や感性を育む活動を約50年間続けています。

 

 

身近に芸術体験の場をつくり
親子で喜びや感動を共有

劇団や音楽家などを熊本に招き、子どもたちに生の舞台の魅力を伝えている「くまもとし子ども劇場」。良質な表現に触れる機会を提供することで、「人が発するメッセージを受け取る力」や「自分の気持ちを他者に伝え、人と関わり生きていく力」を育む活動を続けています。

5月に開催した人形劇『エルマーのぼうけん』では、リュウが観客席を飛び回る演出に会場が沸き、生の舞台でしか得られない喜びや感動を共有できました。8月には乳幼児対象のアフリカの音楽パフォーマンスを予定。言葉を話せない赤ちゃんでも音や形、動きを感じ、一緒に楽しめる内容です。

また、コミュニケーション能力を培うために、自分たちで考えた遊びなどをする「遊びの会」や、キャンプや餅つきなどの季節行事を仲間と一緒に楽しむ活動も行っています。参加する子どもや親にとって、学校や地元とは別の“大切な居場所”になっているそうです。

「今年は50周年のメモリアルイヤーで、例年にない充実した鑑賞会が続きます。一度、親子で生の舞台を体験しに来てください」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「きな粉の蒸しパン」

2021-07-21

タンパク質やカルシウムなど、子どもの成長に欠かせない栄養がたっぷり詰まったきな粉。米粉や豆乳と混ぜて蒸すだけで、優しい甘さのもちもち蒸しパンの出来上がり!

 

 

 


テーマ「子育て」 -パパの子育ての悩み-

2021-07-21

 

 

できることを自分なりに工夫し
積極的に関わって

「子どもがママにべったりで『パパはいや!』と言われる」体験は私自身にも覚えがあります。

私は、子どもと関わることだけが子育てではないと考えています。子どもがママを求めているときは、ママがしている家事を引き受け、ママとバトンタッチするのも一つの方法。また常に「パパがいや」なわけではないため、タイミングを見て積極的に関わり、「いや」の回数を少しずつ減らしていけるといいですね。

「仕事が忙しく子どもと関わる時間がない」というのも、よく聞く悩みです。ぜひ関わる時間の「量」ではなく、「質」を考えて工夫を。例えば、子どもが起きている時間に帰れないパパはメッセージ動画を撮ったり、短いお手紙を書いたりするなどしてみては。

さらに、パパが保護者会や子ども会などの集まりに参加するのも◎。子どもが今いる環境の理解や、周りの保護者との交流から、子育てに関するさまざまな気付きがあると思います。

 


「息子の服」について

2021-07-21

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんのアドバイスを募集します。
投稿はコチラをクリックしてください。


子どもに将来かかるお金、どうためる?ライフプラン&教育資金のため方講座

2021-07-21
「子どもに必要な費用ってどのくらい?」「子どもの将来のために貯蓄したい」…。くまにちキャロット「お金と暮らしの教室」コーナーで連載していた時川郁先生を迎え、子育て中に知っておきたいライフプランの立て方、教育資金のため方を学べるミニセミナーを行います。

 

【日時】

9月3日(金)10:00〜11:30

【対象】
育休・産休中の方、未就学児の親など※オンラインで参加できる方
※参加者には事前に、当日のZoomのURLをお送りします
※通信にかかる費用はご負担ください
【定員】
15人(先着順)
【参加費】
無料
【講師】
時川郁さん
【主催】
【申込】
申込フォームまたはお電話で


岡本明さん(WEB事業者)

2021-07-21

保護者会がサードプレイス
大人の一生懸命を子どもに見せたい

 

 

 

フリーになって時間を有効活用

WEB関連の仕事に携わっている岡本明さん。会社員として勤めた後、2017年、HP制作などを請け負うフリーランスとして独立しました。「自分の裁量でスケジュールを立てられるので、仕事の合間に趣味の筋トレをしたり、早めに仕事を終えて保育園の保護者会活動をしたり、毎日が充実しています」と言います。

PTA活動に積極的だった両親の姿を見て育ったこともあり、娘たちの通う保育園の保護者会活動に参加するのが当たり前の感覚だったという明さん。クラスリーダーを務め、連絡網の作成、懇親会の企画、夕涼み会やバザーの実行委員など積極的な活動を続けて7年目になるそうです。今では保護者や先生から頼られる存在です。「先生たちのひたむきに保育に取り組む姿を間近で見ると、自然と応援したくなります」という明さん。「娘2人が大人になって親になったとき、僕の姿を思い出し、保護者会などに協力し、子どもに関わりを持ってくれたら」と自身の両親を重ねます。

 

 

 

やりたいことにのめり込む

保護者会活動に関わることで、娘が友達と楽しそうに語り合う様子など家庭とは違う一面を見ることができ、さらに先生や保護者とのつながりも生まれ、明さんにとって保育園はかけがえのない場所になっています。保育園からHPの作成と管理を頼まれたり、仲良くなったお父さんから依頼を受けたりと、仕事にもつながっているそうです。

「気が付いたら保育園が僕のサードプレイスになっていました。行事の準備や先生のパソコン関係のお手伝いなど、多いと週に5日ほど園にいることもあり、園児の中には職員と勘違いしている子もいるくらい」と照れ笑いします。先生や保護者から頼られる父の姿に、「パパすごい」と誇らしげな藍花ちゃん。妻の鑑子さんは半ばあきれながらも一生懸命な明さんを「子どもみたいに楽しそうでしょ」とやさしく見守っています。

入園した園児の保護者が保護者会の活動に参加しやすくなるように、分かりやすいお便りを作成したり、パワーポイントや動画を駆使して行事の内容を解説したり、自分の強みを生かして活動しています。

「藍花のクラスの保護者とは、運動会やキャンプ、出し物の練習など、何度も協力し合う中でこれからも長く続く仲間になれたような気がします。せっかく同じ園に入った縁。他の保護者にもこの楽しさを経験してほしい」と今後の活動に意欲を燃やしています。

 

 

 

 

 

 


今回のテーマ「スポット」

2021-07-21

 

 

【ふれあい広場】

場所:玉名郡玉東町木葉576-106

問い合わせ 玉東町総務課
☎0968(85)3111

 

幼児から小学生まで幅広く楽しめる

玉名郡玉東町木葉にあるふれあい広場(通称オレンジ公園)は、遊具が大きく小学生も楽しめる公園です。また小さな子どもでも遊べる滑り台や、安全性の高いかご型のブランコなどもあります。JR木葉駅の目の前で、電車で来ることもできます。平日は比較的すいていますが、週末は人が多いです。周りには田んぼがあったり川が流れていたりとお散歩も楽しめます。

 


« Older Entries