子ども相談
子ども相談
毎号テーマごとに「先生」を取材し、子育てに役立つ知識を紹介します。

テーマ「発達」 -箸の持ち方-

2020.07.20

 

 

食事中ではなく遊びの中で楽しく覚えよう

箸を使い始める目安は、スプーンの握り方が安定した頃。スプーンを鉛筆のようにつまんで持ち、食べこぼしが少なくなってからがよいでしょう。当園では子どもの様子を見て、5歳前後から始めています。

 

箸の長さは5歳ごろで16㌢程度。材質は滑りにくい竹や木、形は角があるものがおすすめです。

 

食事中に「持ち方はこう!」と何度も教えると、食自体の楽しみが薄れ、「食べたいのに食べられない」と子どもの意欲低下につながる恐れがあります。

 

そこで、遊びの中で楽しみながら教えてみましょう。当園では箸を使って物を移す遊びをやっています。小さく切り分けた食器用スポンジや手芸用の綿ボールなど柔らかいものから、小さな木片や小豆など硬いものへと難易度を上げて練習します。遊びを通して自信を付け、実際の食事で少しずつ試していけるといいですね。

 

何より大事なのは、食を楽しむこと。焦らず急がず教えていきましょう。

 

 

「子ども相談」一覧に戻る
まなぼうトップへ