2020.07.20

 

感染症予防の一つとして、手洗いが大切だといわれています。親子で“手洗いタイム”が楽しくなるようなせっけんを手作りしませんか。キャロママスタッフがせっけん作りに挑戦しました。また、家庭で作りやすい手作りせっけんレシピや、固形せっけんの活用法も紹介します。

 

 

基本は溶かして固めるだけ 色、形のアレンジも自在♪

キャロママスタッフの秋吉あかねさん、志水明子さんは、初めてのせっけん作りに「どんな材料を使うの?」「工程が複雑そう…」と、不安な様子。

 

「材料はインターネットでそろうし、キットもあるので気軽に挑戦できますよ」と話すのは、せっけん教室を開く信原元梨さん。今回は、製作中に子どもが触れても安全な「グリセリンソープ(※)」を使う方法を教えてもらいました。

 

まずは、着色に使う顔料選びで、秋吉さんは涼しげなブルー系、志水さんは優しいイメージのピンク系をチョイス。電子レンジで溶かしたグリセリンソープと顔料を混ぜたところに、今回は抗菌作用のあるティーツリーの精油を垂らしました。「好きな香りを入れ、自分好みに仕上げられるのも、手作りせっけんの魅力です」と信原さん。

 

せっけんを包丁でランダムにカットすると、宝石のような見た目になり、「きれい!」とママたちの目も輝きました。「親子で気分が上がりそう」「20分ほどで固まるので、すぐ使えますね」と、せっけん作りを楽しんでいました。

 

透明感があり、涼しげな趣きがこれからの季節にピッタリのせっけんです。日々の手洗いタイムを少しでも楽しむきっかけの一つとして、自分だけのせっけん作りにチャレンジしてみませんか。

 

※グリセリンソープは、化粧水などに配合される保湿成分グリセリンでできたソープベースです。