ワンオペでの公園遊びのポイント【キャロットスタッフ】

  • URLをコピーしました!

気軽に親子でアウトドアに行きたいけれど、親1人で子どもを遊ばせるには公園が限界・・・というママ・パパ。

キャロットの読者スタッフ(キャロットスタッフ)3人に、ワンオペで公園に行くときのコツを教えてもらいました!

目次

「あんよ前の子どもとのんびり過ごす」~0歳男の子のママ・水島唯さんの場合~

Q 公園選びのポイントは?
A まだ遊べる遊具が限られるので、近所の小規模な公園をよく利用します。他の公園をリサーチするときは、ベビーカーでも入りやすいスロープの有無を調べます。

Q 必須アイテムは?
 この時期は日焼け止めや虫除けスプレーは欠かせません。子どもと共用できるアイテムなら、少しでも荷物を減らせるのでおすすめ!ジェルタイプの日焼け止めは、付け心地がサラリと爽やかで軽く、夏に活躍すること間違いないです。

Q 公園の楽しみ方を教えて
A まだ遊べる遊具が限られるので、大きな公園より、親子が数組しかいないような、小さな公園がお気に入り。ベビーカーで気ままに散歩して、のんびり自由に過ごしています。

「昼までに、いかに子どもの体力を消耗させられるかが勝負!」~2歳女の子のママ・副島有未さんの場合~

Q 公園選びで重視していることは?
A 遊具が充実していることと、走り回れる広い芝生があること。午前中に子どもの体力を使い切ることで、お昼寝も早くなり、夜の寝付きも良くなるので、体を動かせる公園が重要です!

Q 役に立つアイテムは?
A 電動で出てくるシャボン玉のおもちゃは、口を付けずに遊べるので、シャボン液の誤飲の心配も少ないです。また、公園でお昼まで済ませよう、となったときのために、虫除けのシールやスプレーは忘れないようにしています。

Q 公園の楽しみ方を教えて
A お散歩しながら、季節の草花や虫を観察すること。娘の「何?」「なぜ?」という興味関心を引き出し、公園遊びを満喫します。楽しく遊び、学び、お腹いっぱいになった娘は、帰りの車ですぐさま爆睡です(笑)

「万全の準備できょうだいげんかを未然に防ぐ!」~9歳と7歳男の子、3歳女の子のママ・山内嘉世さんの場合~

Q 公園選びのポイントは?
A 行き慣れた公園がベスト。何を持っていけば、その公園を存分に楽しめるかが分かるし、子どもも“勝手知ったる”感じなので、遊ばせやすい=ワンオペでもハードルが下がります。

Q ワンオペ公園を楽に乗り切るための心得はありますか
A 朝の人が少ない時間帯に行くと、駐車場も空いている上、トイレの近くや子どもたちが遊んでる様子を見渡しやすい場所に、レジャーシートやワンタッチテントで場所を取りやすいことが多いです。

Q 必ず持って行くアイテムは?
A わが子たちは、「え!?今!?」というタイミングで「お腹空いた~」と言い出します(笑)。そんなときに、スマートに取り出せ、子どもたちが食べやすいパンやおにぎりは必須です。また、今の時期は特に水分補給が大事!子どもたちに「マイ水筒」を持ってもらい、私の荷物を軽くしています♪ あとは、水遊びができる場所だったら、水着やゴーグル、スイムシューズ(小石が入りにくい)、水鉄砲、タオルはあった方がいいですね。服が汚れたり、濡れたりするので、着替えも3着ずつ用意しています。準備しておけば、子どもが多少汚してもおおらかな気持ちで対応できますよね(笑)

Q きょうだいを遊ばせるときのコツを教えて
A ズバリ、きょうだいげんかをさせないこと。ワンオペで、外で、きょうだいげんかに対応するのは結構大変です。不要なけんかを避けるため、おもちゃやおやつは、きょうだい分同じ物を用意しています。また、一番大事なのは、日頃から、上の子が下の子をかわいがったり、お世話したりした時に、すかさず上の子にお礼を言うようにして、仲のいい関係をつくっておくことだと思います!兄妹仲がいいと、ワンオペで出かけたときも、子ども同士で助け合ったり、遊んだりするので、親がめちゃくちゃ楽です。

キャロットスタッフのみなさん、ありがとうございました!

キャロット8月号の特集内でも、「ワンオペ公園遊びのポイント」を紹介しています。
ぜひ参考にしてくださいね!


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

求む! キャロット インスタ スタッフ

キャロットの公式インスタグラムで、熊本各地のイベント情報や、おすすめスポットなどの子育てファミリーに向けた情報を発信するキャロットインスタスタッフを募集します!

キャロット 公式インスタグラム

目次
閉じる