子どもの熱中症

  • URLをコピーしました!
こども相談
目次

今月のテーマ:医療

子どもの熱中症

気温や湿度が高くなるこれからの季節は、子どもの熱中症に要注意!症状に早く気付くポイントや受診の目安などを聞きました。

顔色や汗のかき方など 子どもを十分観察して

熱中症は、高温多湿な環境に体が適応できないことで起こる症状の総称です。初夏から夏にかけてかかりやすくなります。子どもは体温調節機能が未熟な上、大人に比べて地面から近いところに体があるので熱の影響を受けやすく、より一層、注意が必要です。

主な症状は、めまいや吐き気など。子どもは不調を伝えられず、気付かないうちに重症化することもあります。気温が高い日などは、より注意深く子どもの様子を観察して、顔が赤い、大量に汗をかくなどの症状が見られたときは、涼しい場所に移動して体を冷やし(イラスト参照)、水分を取らせましょう。熱中症の症状が見られる際は、子ども用のイオン飲料での水分補給が望ましいです。意識がもうろうとしているときは、すぐに救急車を呼んでください。

熱中症は重症化が怖い病気ですが、未然に防ぐことができます。屋外では気温に合わせた服装で帽子をかぶせ、小まめな水分補給や日陰での休憩などを心掛けましょう。

「熱中症かも」と思ったら冷やす部分

「熱中症かも」と思ったら首、脇の下、太ももの付け根を冷やしましょう

保冷剤や冷えたペットボトルを当てるほか、体をぬれタオルで拭いてあおぐのも効果的

教えてくれた人

三井小児科医院 副院長

三井 一賢さん

室内でも28℃を超えると熱中症のリスクが上がります。室温設定に気を付けましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる